ダートグレード競走特集

第62回 ダイオライト記念(Jpn II)

サラブレッド系 4歳以上 定量 ダ2,400m
賞金 1着32,000,000円 2着11,200,000円 3着6,400,000円 4着3,200,000円 5着1,600,000円

出走馬

JRA所属馬

クリソライト (牡7)
クリソライト  ジャパンダートダービーなど国内のダート重賞を4勝しているほか、韓国のコリアCを制するなど幅広く活躍。とりわけ船橋コースは【3101】で5着以下がなく、ダイオライト記念も連覇中と、抜群の相性を示している。昨秋の浦和記念(2着)以来の実戦だが、休み明けも苦にしないタイプ。前々でスムーズに運べれば、3連覇を果たす可能性が高い。

グレナディアーズ (牡6)
グレナディアーズ  新馬勝ちは芝だったが、ダートに転じて4勝をマークし、オープンまで上り詰めた。今回は初の重賞挑戦に加え、前2走が案外だけに過度な期待はしにくいところ。ただ、息の長い末脚を発揮して差し切った3走前の内容が良く、仕掛けさえはまれば重賞のメンバーでも好勝負を演じられる力がある。展開面と距離延長がカギになりそうだ。

マイネルトゥラン (牡4)
マイネルトゥラン  芝の新馬戦で9着に敗れたのち、ダートに路線変更。昨秋の復帰初戦こそ6着に敗れたものの、以後は行きっぷりが一変し、安定したレース運びを披露。馬体面の成長が成績に直結している印象だ。タフな府中の2100mで連勝している近況からも、コーナー6回の2400mは克服できそう。うまく立ち回れば、初の重賞でも上位争いが可能だ。

マイネルバイカ (牡8)
マイネルバイカ  一昨年の白山大賞典を制したほか、昨年の川崎記念で4着、ダイオライト記念で5着に食い込んでおり、ここでも互角の力を有している。前走は休み明けだったが、勝ち馬から0秒7差に逃げ粘る上々の内容で、8歳でも衰えていないことを証明。使ったぶんの上積みもありそうで、スムーズに先行できれば、久々のタイトル奪取が期待できる。


南関東地方競馬所属馬

ヴァーゲンザイル (騸9)
ヴァーゲンザイル  JRAでは芝の長距離を中心に使われ、33秒台の上がり時計を8度もマークした“切れ者”。重賞出走歴があるほか、オープンでも3着に食い込んだ実績を持つ。ただ、地方転入後はオグリキャップ記念4着、浦和記念6着が目立つ程度で、近況は後方のままのレースが続いている。得意の長距離戦で、復活のきっかけをつかめるか。

ウマノジョー (牡4)
ウマノジョー  岩手でデビューし、3歳の春に大井へ移籍。当初は成績に波が見られたが、徐々に末脚に安定感が出て、準重賞制覇、勝島王冠4着など、一線級相手でも互角の立ち回りを見せるようになってきた。前走の金盃は別定52キロが味方したのもあるが、ユーロビートから2馬身差の2着と、長距離適性を証明。今回のメンバーでも軽視はできない。

キープインタッチ (牡7)
キープインタッチ  JRAでデビューし、ダートで4勝(ほか芝1勝)した実績。オープンのブリリアントSでも2着があるように、ダートグレードでも互角の力がある。前走の金盃は転入初戦だったが、息の長い末脚を発揮して4着に押し上げる上々の内容。使った上積みが見込めるうえ、距離にもメドが立っただけに、相手強化でも軽く扱えそうにない。

クラージュドール (牡7)
クラージュドール  船橋移籍後は、勝ち鞍こそないものの、重賞で2着3回と活躍。昨年のダイオライト記念でも4着に食い込んでおり、交流でも力は決して見劣らない。前走の金盃はメンバー最速の上がり時計(38秒2)を計時して3着に追い込み、改めて距離適性の高さと、今の状態の良さを示した。ホームコースで悲願のタイトルを手にできるか注目。

デュアルスウォード (牡9)
デュアルスウォード  JRA在籍時に5勝、浦和のオーバルスプリントでも同タイムの3着に健闘した実績を持つ。地方移籍後も、盛岡の早池峰賞を制するなど、持ち前のスピードを発揮して存在感を示してきたが、大井転入後の近5走は往時の走りが見られず、使い詰めのローテーション。2400mの距離にも不安を残すだけに、過度な期待は禁物か。

トーセンハルカゼ (牡7)
トーセンハルカゼ  南関東での勝ち鞍は1600m(A2下)だが、JRAではデビューから一貫して長距離を使われ、2100m以上で4勝を挙げている。前走の金盃も後方から5着に押し上げる上々の内容で、距離適性の高さを示した。さらなる相手強化に加え、金盃の上位4頭がいるだけに期待は寄せにくいが、少しでも展開が向くようなら上位争いが可能。

ユーロビート (騸8)
ユーロビート
 JRAオープン勝ちに加えて、盛岡のマーキュリーCを制した実績があり、ダートグレードでも力は互角。しかも東京記念2勝、前走の金盃制覇など、広いコースの長距離戦で持ち味を発揮するタイプだ。昨年のダイオライト記念でも3着に追い上げており、船橋コースは対応可能。南関東のエース格としてJRA勢撃破なるか、注目の存在。


地方他地区所属馬

ケイリンボス (牡6)
ケイリンボス  今回が高知への移籍初戦。芝、ダート兼用タイプで、JRA在籍時には4勝をマーク。転入前の準オープン(芝、10着)でも勝ち馬から0秒4差と、実績的に大きく見劣ることはない。ただ、一貫して短距離を使われ、勝ち鞍は1400mまでと、スタミナ勝負に不安が残る。スローの瞬発力勝負となった際に、持ち味が発揮できれば。

ジョージジョージ (牡7)
ジョージジョージ  JRAでデビューし、ダートの短距離で3勝、障害では未勝利に終わった。昨年暮れに高知に移籍後も、条件戦で勝ち切れない状況が続いており、ダートグレードレースで、しかも2400mの長丁場では苦戦は免れそうにない。ただ、じっくり脚をためていければ、一定の脚は使えるタイプ。末脚勝負に徹して、どこまで追い込めるか。

タッチデュール (牝8)
タッチデュール  ダートグレードレースの常連馬も、今年で8歳となった。兵庫クイーンC(園田)や地元のくろゆり賞を制した実績があり、船橋でもクイーン賞、マリーンCでともに4着に食い込むなど、はまったときには切れのある末脚を発揮する。ただ、前記くろゆり賞以来、2年半以上も勝ち鞍がない。さすがに往時の走りを望むのは酷だろう。


ダイオライト記念とは?

 現役時代英2000ギニー1着、英ダービー3着など24戦6勝の好成績を残した名馬ダイオライトは、引退後の1935(昭和10)年に種牡馬として千葉県の下総御料牧場に輸入され、史上初の三冠馬セントライトなど多くの名馬が輩出。41、42、43、46年の4期リーディングサイヤーとなり日本競馬の一時代を築いた。
 その名を冠したダイオライト記念は1956(昭和31)年に1800m戦としてスタートし、数度の距離変更を経て76年から2400mの長距離戦に定着、96年から指定交流競走となった。

第53回 報知オールスターカップ結果 第53回 報知グランプリカップ結果 第61回 金盃結果 第53回 報知オールスターカップ映像 第53回 報知グランプリカップ映像 第61回 金盃映像

※レース情報をクリックすると、競走成績が開きます。



データで見る「ダイオライト記念」 ※過去10年(2006年度~15年度)に実施された競走が対象

【所属】JRA(栗東)が優勢

 所属別に見ると過去10回でJRA(栗東)が7勝、船橋が2勝、JRA(美浦)が1勝とJRA(栗東)が優勢の傾向にある。
 また、船橋の2勝は共にJpnI競走で6勝を挙げることになるフリオーソが勝利したもので、JRA勢とも互角以上に戦える実力があればここも期待できる。

所属 JRA
(栗東)
JRA
(美浦)
船橋 浦和 大井 川崎 他地区
1着回数 7 1 2 0 0 0 0

【年齢】4歳馬が優勢

年齢別に見ると4歳馬が4勝を挙げている。6歳馬が3勝、5歳馬が2勝、7歳馬は1勝しており、4歳馬が優勢となっている。
 また、7歳馬の勝利は、白山大賞典や名古屋グランプリを過去に制して長距離を得意としていたニホンピロアワーズのものである。

馬齢 4歳 5歳 6歳 7歳 8歳 9歳 10歳以上
1着回数 4 2 3 1 0 0 0

【人気】勝率・連対率・3着内率は共に2番人気が優勢

 過去10回の傾向を見てみよう。「2番人気」馬の成績は[1着4回-2着2回-3着2回-着外2回]と勝率40%、連対率60%、3着内率は80%と抜群の成績を残している。「1番人気」馬は[4-1-0-5]と勝率40%は2番人気と同じだが4着以下が5回もあり安定度ではやや劣る。また「3番人気」馬は3着内率70%と安定した成績となっている。

成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 4-1-0-5 40% 50% 50%
2番人気 4-2-2-2 40% 60% 80%
3番人気 1-2-4-3 10% 30% 70%
4番人気 0-1-0-9 0% 10% 10%
5番人気 0-2-1-7 0% 20% 30%
6番人気 1-1-2-6 10% 20% 40%
7番人気 0-1-0-9 0% 10% 10%
8番人気以下 0-1-0-63 0% 2% 2%

昨年のレース模様

第61回 ダイオライト記念(Jpn II)の模様  JBCクラシック4着以来4カ月ぶりのクリソライトが先手を奪い、ダイオライト記念2連覇を達成した。
 前走佐賀記念3着のJRAダート重賞3勝馬クリノスターオーが3番手から追い詰めたが2着、前走金盃2着のユーロビートが3着、佐賀記念勝ち馬ストロングサウザーは6着に敗れた



過去の優勝馬
  • 第60回 ダイオライト記念(Jpn II)の模様
    2015年3月11日
    第60回 クリソライト [JRA]
  • 第59回 ダイオライト記念(Jpn II)の模様
    2014年3月19日
    第59回 ニホンピロアワーズ [JRA]
  • 第58回 ダイオライト記念(Jpn II)の模様
    2013年3月13日
    第58回 オースミイチバン [JRA]

イベント・ファンサービス

ハートビートナイター2017開幕!第12回船橋ケイバ(3/13-17)イベント・プレゼント


その他コンテンツ

  • 第62回 ダイオライト記念(Jpn II)ポスター
    ダイオライト記念の開催ポスターをダウ
    ンロードできます。