ダートグレード競走特集

第65回 日本テレビ盃(Jpn II)

サラブレッド系 3歳以上 グレード別定 ダ1800m
賞金 1着32,000,000円 2着11,200,000円 3着6,400,000円 4着3,200,000円 5着1,600,000円

JRA所属馬(出走:4頭)

アポロケンタッキー (牡6)
アポロケンタッキー  一昨年の東京大賞典馬。その後は一進一退が続くが、昨年の日本テレビ盃制覇を含め、左回りのダートは【4303】と好相性。今年に入ってからも、川崎記念とダイオライト記念でともに2着に食い込んでいるように、ハイレベルの走りを見せている。休み明けでも力を発揮できるタイプで、持ち前のパワーを生かせる馬場なら好勝負になる。

ケイティブレイブ (牡5)
ケイティブレイブ  ダートG1を2勝している強豪。昨年の日本テレビ盃は3着だったが、今年のダイオライト記念で完勝劇を演じているように、船橋コースも問題ないタイプだ。前走の帝王賞はクビ差の2着だったが、ダート王者のゴールドドリームに食い下がった内容は地力の高さを示すもの。1800メートルにも不安はなく、久々の実戦でも軽視できない。

サウンドトゥルー (騸8)
サウンドトゥルー  強じんな末脚を武器に、ダートG1を3勝。日本テレビ盃は3年連続で出走して【1110】と、抜群の相性を誇っている。差し脚質ゆえに展開次第の面はあるが、前走の帝王賞でも勝ち馬から0秒4差の3着まで押し上げたように、力はまったく衰えていない。コースを熟知する御神本訓史騎手がどんなエスコートを見せるか、注目が集まる。

テイエムジンソク (牡6)
テイエムジンソク  JRAのダート重賞で2勝、昨年のチャンピオンズCでも2着した実績の持ち主。帝王賞は離された6着だったが、初ナイターで初距離、地方のレースも初めてだけに、仕方がない面もある。ナイターも2度目なら違うはずで、走り慣れた1800メートルに替わるのも好材料。休養でリフレッシュできていれば、このメンバーでも上位争いが可能だ。


南関東地方競馬所属馬(出走:4頭)

アサヤケ (牡7)
キャッスルクラウン  JRA未勝利から船橋に転入。着実にクラスを上げ、オープンでも好勝負を演じられるまで力をつけてきた。7歳を迎えた今年もオープン準重賞で2着に食い込む活躍を見せているが、休養後の2戦に本来の行きっぷりが見られなかったのが気になるところで、しかも今回はJRA勢が相手。良化が見込める叩き3戦目で、どこまで太刀打ちできるか。

オーズ (牡5)
ヴァーゲンザイル  昨年3月に船橋へ転厩した当初はC1格付けだったが、好走を重ねて半年後にはA2で3着、今夏にはオープン特別で勝ち馬から0秒5差の好勝負を演じられるほどの飛躍を遂げた。ただ、前走のA2戦が7着と案外で、ダートグレードの今回は相手も格段に強化されている。ベストの1800メートルとはいっても、過度な期待はかけにくい。

センティグレード (牡7)
デュアルスウォード  JRAでは未勝利だったが、南関東に転入後はオープンで2勝。息の長い末脚が持ち味で、4走前の大井戦では、直線の短い内回りで2着まで押し上げる好走を見せた。とはいえ、近況の好成績はA2戦でのものであり、オープンでは今ひとつ。特に今回はダートの一線級が顔をそろえているだけに、持ち前の末脚でどこまで差を詰められるか。

ヒガシウィルウィン (牡4)
ハーキュリーズ  昨年のジャパンダートダービーを制し、浦和記念で2着と、ダートグレードでも力上位の存在。その後は案外なレースもあったが、帝王賞で5着、前走のサンタアニタトロフィーはハンデ59キロを背負いながら完勝と、復調気配を示している。ベストの中距離戦で、調教で走り慣れた船橋コースなら、強敵ぞろいのここでも好勝負になりそうだ。


地方他地区所属馬(出走:4頭)

アサクサポイント (騸10)
アダムズアップル  JRAの平地で4勝、障害で1勝を挙げ、愛知へ転入。東海ゴールドカップで1勝、2着1回、オグリキャップ記念と北國王冠でともに2着と、重賞で気を吐いている。ただ、昨年の名古屋グランプリで8着、今年の帝王賞では13着と、ダートグレードで苦戦しているうえ、近況は地元の準重賞でも掲示板止まり。復調のきっかけをつかみたいところ。

カガノカリスマ (牡6)
トキノベラトリクス  JRAでデビューしたのち、岩手、金沢を経て笠松へ。堅実な走りを見せてA級まで登り詰めたが、重賞初挑戦だった前走のイヌワシ賞は5秒以上も離された最下位で、見せ場すら作れなかった。今回はダートの一線級がそろっているだけに、イヌワシ賞と同様、追走に手間取る可能性が高い。交流のペースを経験して、今後の糧にしたいところ。

コスモマイギフト (牡9)
マズルファイヤー  デビューはJRA。2勝を挙げたのちに金沢へ移籍し、北國王冠で2着、イヌワシ賞で3着と、トップクラスの活躍を見せた。ただ、ここ半年で15戦も消化しているうえ、今夏に笠松へ移籍してからは大敗続き。前走のテレ玉杯オーバルスプリントでも11着に敗れている。9歳だけに上がり目にも乏しく、しまい勝負でどこまでやれるか。

ラッキーポイント (牡5)
マズルファイヤー  JRA在籍時に1勝、2着3回の実績。南関東ではB3で3戦し、すべて大敗だったが、金沢ではA1で3着4回と好走を重ねた。しかし、笠松への移籍初戦だった前走(B2)が7着で、今回が重賞初挑戦。しかも国内のダートの強豪が顔をそろえたG2戦と、明らかに荷が重い印象だ。転入2戦目の上積みを加味しても、苦戦は免れそうにない。


1954(昭和29)年に創設され、今年で65回目を数える船橋で最も古い歴史を誇る重賞競走。
初回から97年まで2000m戦、地方中央指定交流競走となった98年以降1800mで施行されているが、07年は馬インフルエンザの流行により急遽、南関東重賞競走として実施された。

サンタアニタトロフィー結果 スパーキングサマーカップ結果 フリオーソレジェンドカップ結果 サンタアニタトロフィー映像 スパーキングサマーカップ映像 フリオーソレジェンドカップ映像

※レース情報をクリックすると、競走成績が開きます。



※ダートグレード競走として実施された08年~17年が対象

【所属】JRA(栗東)が優勢

 所属別に見ると過去10回でJRA(栗東)が7勝、船橋が1勝、JRA(美浦)が2勝とJRA(栗東)が優勢の傾向にある。
 また、JRA(美浦)2勝のうち1勝はボンネビルレコードが勝利したもので、この時の優勝タイム(1:47.8)がレコードタイムとして現在も記録されている。

所属 JRA
(栗東)
JRA
(美浦)
船橋 浦和 大井 川崎 他地区
1着回数 7 2 1 0 0 0 0

【年齢】5歳馬6歳馬が優勢

 年齢別に見ると5歳馬が5勝、6歳馬が4勝している。7歳馬と4歳馬が1勝しているが、5歳馬と6歳馬が複数回勝利しており優勢とみていいだろう。

馬齢 3歳 4歳 5歳 6歳 7歳 8歳 9歳 10歳以上
1着回数 0 1 5 4 1 0 0 0

【人気】勝率・連対率は1番人気が、3着内率は3番人気が優勢

 過去10回の傾向を見てみよう。「1番人気」馬の成績は[1着6回-2着2回-3着2回-着外0回]と勝率60%、連対率80%・3着内率100%と抜群の成績を残している。「2番人気」馬は[2-3-2-3]、3着内率は70%でほぼ安定した結果を残している。
 また「3番人気」馬は[1-5-4-0]で勝利こそ1勝だけだが3着内率100%と上位人気馬が人気通りの成績を残す傾向にあり、実績のある人気馬は素直に信頼したい。

成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 6-2-2-0 60% 80% 100%
2番人気 2-3-2-3 20% 50% 70%
3番人気 1-5-4-0 10% 60% 100%
4番人気 1-0-2-7 10% 10% 30%
5番人気 0-0-0-10 0% 0% 0%
6番人気 0-0-0-10 0% 0% 0%
7番人気 0-0-0-10 0% 0% 0%
8番人気以下 0-0-0-54 0% 0% 0%

第63回 日本テレビ盃(Jpn II)の模様  前走さきたま杯2着のモーニンを、前走帝王賞の勝ち馬ケイティブレイブが2番手でしっかりマークする終始の展開。
 ラスト直線で3番人気サウンドトゥルーと4番人気のアポロケンタッキーが追い込み、4頭並ぶ激しい叩き合いとなった。最後はアポロケンタッキーが1頭抜け出しレースを制し、重賞3勝目を挙げた。
 見事な追い上げを見せたサウンドトゥルーは2着、1番人気に推された帝王賞覇者ケイティブレイブは好位置をキープするも3着に終わった。



  • 第63回 日本テレビ盃(Jpn II)の模様
    2016年9月28日
    第63回 アウォーディー [JRA]
  • 第62回 日本テレビ盃(Jpn II)の模様
    2015年10月7日
    第62回 サウンドトゥルー [JRA]
  • 第61回 日本テレビ盃(Jpn II)の模様
    2014年9月23日
    第61回 クリソライト [JRA]

イベント・ファンサービス

船橋ケイバ 第7回開催 〔10月1日(月)~5日(金)〕イベント情報


ネット投票キャンペーン


その他コンテンツ

  • 第65回 日本テレビ盃(Jpn II)ポスター
    日本テレビ盃の開催ポスターをダウ
    ンロードできます。